余剰スペースを活用した収納が失敗だった

今回は収納に関しての新築失敗談をお話ししたいと思います。

間取りの中でも重要なのが収納。皆さんも間取りを考える中で、どのような収納にしたい、大きさはどの位、場所はどこにしよう?などなどお悩みのことと思います。

まず、我が家の収納の考えは、収納は余ったスペースを活用して場所を配置しようということでした。ですので、部屋の大きさや配置を第一に考え、収納は二の次でした。

これが失敗・・・

意外と物が入りません・・・今まで使っていた棚や衣装ケース。中途半端な収納の大きさになったので、奇麗に収まらないのです。今までの住まいよりも広くなるし、余裕で収納できると思っていたのですが・・・

また、余ったスペースを活用しているため、使い勝手が悪いです。次の写真がその実例。収納を開けると、ドアを開けることができません・・・

廊下にある収納
収納を開けるとドアにぶつかる

こんなイージーミスを犯してしまうとは・・・さすがにこれは笑ってしまいました。僕が収納に物を詰めている時に、妻がドアを開けてガンッ!!ってなって。危うくドアも収納も壊すところでした。使用頻度の少ない収納ですが、この事態によって、より使用頻度が減ったのは言うまでもありません・・・

続いてはこちら。

戸袋に収納を設置

こちらは脱衣所の収納。左のドアはキッチンに繋がるドア。そのドアの戸袋部分にタオルや洗剤などを入れるための収納を設置しました。脱衣所を狭くしたくなかったので、この様な形にしたのですが・・・

物がひっかかる

もうお分かりですよね。そう、物が頻繁にひっかかります(笑)これではキッチン側から脱衣所に来ることができません。場所の有効活用!と思っていましたが失敗しました~。こんなことになるなら、最初から棚を設置しておけば良かったかと。

このお陰もあり、キッチンから脱衣所に来ることは少なくなりました・・・家事の動線を考えたドアですが、機能していません(泣)

この様に、ちょっとした事で本来の機能を失ってしまうのです。生活に多きな支障をきたしている訳ではありませんが、せっかく考えて作ったのに台無しになってしまいます。

皆さんも現状の収納物がどの様なものなのか、また、将来どのような物が増えそうなのか(例えばベビーカーを買うとか)、様々な展示会に足を運び、最適な収納を考え抜いてくださいね!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です